tsukalogo0000
alt
jQueryのColorBoxを設置

alt
iphoneで位置がままならない事や少しテイストが違う気がしたのでFancyBoxからcolorboxに入れ替えて見た。様々な方がこの問題と格闘されてますがこのプラグイン評価は高く同じjQuary同士だと入れ替えも手間が掛からないしgoodデス。●colorbox.css、 ●jquery-1.4.2.min.js、●jquery.colorbox-min.jsの3つを読み込み主にボックスの中の文字配列はcssで管理してます。
しかし文字内容はjquery.colorbox.jsの方で管理されていて流石にmin=圧縮1/2では触りにくい。
alt本HPのサンプル→スライドショー:true使用。表示方法はフェードタッチ等ヴァリエーションがiphone多数。しかしいざ使用してみると、やはりiphoneでは 右altへ右へズレていく(涙)。どうしてもイラストを拡大しながらプレビューさせるケースがあるのでiphoneの性能上いた仕方ないみたい。(アルキメデスの亀みたく延々センタリングできない)もともとiphone用ページは別途用意してるのでそこに自動アクセス出来ないかしらと探したら。やっぱりありました!以前からFrashやらなんやらで、別ページに回避したかったので非常にカンゲキです。
クロスプラウザ化と共にiphone描画の快適化を模索していたのでCSS対応以外ではひとつ目的をクリア。但しあくまでもテキストオンリーの無機質な iphone専用ページを用意するつもりは全く無くてあくまで直感的にストレスなく閲覧できる統合されたページ作りが理想。(このプラグインはOpera に関しては80Kビォ超える容量のファイルはプレビュー出来ない事が判明した)
●参考/ライトボックスの評価
●参考/iphoneユーザーの誘導コード

<!-- colorBox設定 -->
 
<!-- if ( navigator.userAgent.indexOf('iPhone') != -1) {
if(confirm('iPhone向けのページを表示しますか?')){
location.href = "http://www.tsuka-time.com/illustration.html";
} } //-->

 

ADD_YOUR_COMMENT

YOURALIAS:
YOUREMAIL:
YOURLINK:
タイトル:
FULLTEXT: